スピリチュアルメッセージ

Spiritual Messages Vol. 3


Vol. 3


成長している故に

あなたがたはスピリチュアルな体験を求めている人間ではなく、人間の体験を求めているスピリチュアルな存在です。人間としての営みの合間に、至福を感じる瞬間があったり、神秘的な体験をしたりするのではなく、本来はそういった瞬間や体験が基本状態で、人間ならではの感覚を体験するためにここにいるのです。

その感覚には喜びだけではなく、辛さや悲しみも含まれています。不安や恐れもあるでしょう。今までとは違う世の中になってきた、そしてどんどん変わっていくに違いない、これまでのやり方では通用しない気がする、そう不安に思うこともあるでしょう。

世界が変わっていくのには幾つかの目的や理由があります。その中の一つに、あなたがたの創造性と愛をより発揮させるために、というのがあります。人間の創造性と愛は、完全なる自由の中でよりも、多少の不自由さの中でのほうが発揮されます。もう後がない、という状況のときのほうが、それまで先延ばしにしていたことに取りかかり、集中力を持って成し遂げたという経験を思い出して下さい。

肝心なのはリラックスして取り組むことです。創造力と愛はリラックスしているときに最大限に発揮されます。

スピリチュアルな存在であるあなたがたは、本来何でもできる存在です。そのような存在が人間という制限のある存在を選んでやってきました。制限のある状態の中で創造性と愛を発揮し、自分でもまだ知らない自分を知るためにです。制限のある不自由な状態は人間として存在している間の基本状態です。その状態でこそ得られるものがあります。

現在、様々な制限が増えてきているように感じるのは、以前からの不自由さにも増した負荷を課すことによって、奥底に眠っている創造性と愛を解放させるためです。以前と比べて自分が置かれている状況が困難である、と感じるのであれば、あなたはそれだけ以前よりも成長し、そしてもっと愛を発揮できると宇宙が知っていて、それ故に用意した環境なのです。学校で学年が一つ上がるごとに学問の難易度が高まるのと同じことです。

今ある環境は、まだ眠っている自分の創造力と愛を思う存分発揮するためのステージとして設定された、という視点から眺めるだけで様子が変わってくるはずです。そして不自由さを感じなくなるでしょう。

人間として存在しているあなたは、時には孤独を感じたり、もう無理だと思ったりすることもあるでしょう。でもそれはあなたの本当の気持ちではありません。そして忘れないでください。あなたが1人ぼっちになるのは不可能です。真実を知ったら驚くくらい、あなたはいつも見守られています。

ここで伝えたメッセージは全体的なものです。一つ一つの文章について、そして一人一人の状況に応じて伝えられることがあります。それらについては、機会を持ってお話しましょう。


vol.4へ